MENU

大貫晋一投手成績と年俸2022は?大炎上の理由も調査!

大貫晋一投手成績と年俸2022は?大炎上の理由も調査!
画像は本記事とは関係ありません。

ベイスターズ入団4年目の大貫 晋一(おおぬき しんいち)投手は、今季は 一昨年の二桁勝利を上回る活躍が期待されています。

そこで今回は、大貫晋一投手のプロ入り後の成績と年俸2020について調べてみました。

この記事を読むと分かること

・大貫晋一投手の成績と年俸
・大貫晋一投手大炎上の理由

目次

大貫晋一投手成績と年俸2022

大貫晋一投手 プロ入り後の成績

スクロールできます
シーズン登板数勝ち負け奪三振四球本塁打失点防御率
2019年156554257385.00
2020年19106812913342.53
2021年2267106309574.34
2022年101121713.50

※)2022年度の成績は、3月30日時点でデータです。

昨季の大貫晋一投手は、前半戦は短い回で打ち込まれマウンドを降りる試合が多く、ファーム落ちの憂き目に会いました。

しかしファームで修正して1軍に戻ってからは復活して、最終的には6勝でチーム最多の勝星を挙げています。

ただチームの最多勝利が6勝ということは、昨季のベイスターズの投手陣がいかに不調だったかを物語っていますね。

最下位もい方しかないですね。

ただ大貫投手にも成長の証しが現れています!!

昨季は、その前年(2020年)と比較して、奪三振率が上がりました。

81奪三振から106奪三振も増えていますので、それだけ三振が獲れるピッチャーとして飛躍中ですね。

大貫投手の今期の活躍に期待せずにはいられませんね。

大貫晋一投手 年俸2022と推移

大貫晋一 投手の2022年度の年俸は、

5775万円(推定)です。

大貫晋一投手 年俸の推移

年度年俸(推定)差額
2019年1200万
2020年2530万1330万増
2021年5310万2780万増
2022年5775万465万増

大貫晋一投手は、2018年秋のドラフト会議でベイスターズから3位で指名され、契約金6000万/年俸1200万でプロ入りしました。

年俸は年々増えていますが、やはり2桁は勝利しないと大きな数字は獲れないですね。

今季は大活躍、2桁勝利で秋の契約更改では、嬉しい発表が聞きたいですね。

大貫晋一投手 大炎上の理由

ネットで「大貫晋一」と検索すると、「大貫晋一 大炎上」というワードがヒットします。

何か問題発言やスキャンダラス的な要素があるのか?と心配になりました。

そこで、「大貫晋一 大炎上」の理由について調べてみました。


結論を言うと、

ご安心ください!!「大貫晋一 大炎上」はネガティブな事柄ではありませんでした。

「大炎上」や「火だるま」というワードは、よく投手に使われています。

それは、1イニングや早い回で大量失点を奪われ、マウンドから降板した時に使われています。


大貫投手も例外ではなく、昨年5月4日の対中日戦(名古屋)で先発登板し、3回8安打8失点で降板しています。

この日のネットニュースには、「大貫晋一 大炎上」という文字が躍っていました。

大貫晋一投手成績と年俸2022 のまとめ 

大貫晋一投手

昨シーズンの成績:22登板6勝5敗 防御率4.34

今シーズンの年俸:5775万円(推定)



目次
閉じる